FXの資金管理について

by author



FXは取引会社に口座を作り、資金を入金すれば取引は可能です。
一回の取引で売買する数量は、FX会社の取引タイプのよっても異なりますが、1ロット1万通貨や、1ロット1千通貨などがあります。



一回の取引で最低でも1万~1千の通貨を買うということです。



例えば、米ドルが100円の時、1万通貨を買えば百万円分の通貨を買うことになるのです。
証拠金が1万通貨で48.000円とすれば、レバレッジを効果で48.000円以上口座に入金すれば、48.000円で百万円分の通貨が買えるというわけなのです。
実際には資金は多めに入金しておかないと、損失がかさんでロスカットされれば、たちまち資金はなくなってしまいます。

幅広い分野の産経ニュースについて興味がある方にオススメのサイトです。

ロスカットの発動基準は証拠金維持率で判断されるので、少ない資金では証拠金維持率が低くなり、ロスカットされる確率も高くなるのです。
余裕の資金が手元にあれば良いのですが、足らないからといって金融機関から借金までして取引するのは大変危険なことです。

初心者は絶対してはいけない行為です。FXは、トレーダーの9割は負けるという難しいい世界なので、よほど運がいいか天才でもなければ、FX市場から退場し借金返済までもままならなくなってしまいます。

儲けるために取引したのに、逆に借金を増やしたのでは目も当てられません。

FXで生活する人も中には居るようですが、その人達は余裕な資金があり、冷静に欲をかかないで、じっくりトレードする場合が多いようです。