会社設立で相続税対策

  • 会社設立での社会保険への加入

    • 会社設立をすると、社会保険への加入が義務付けられるという点に注意しなければなりません。



      基本的には健康保険と厚生年金保険の加入が義務付けられます。



      個人事業主の場合には、国民健康保険と国民年金保険へ加入することになりますが、会社設立をすれば健康保険と厚生年金保険に加入することが義務付けられています。

      個人事業主として働いている人なら、厚生年金に加入したいと考えるのは自然なことだと言えるでしょう。



      老後のことを考えれば、国民年金よりも厚生年金のほうが良いのですが、もちろんそのための保険料の負担は増えます。



      健康保険と厚生年金保険の保険料は、国民健康保険と国民年金保険の保険料よりも割高になることが多いです。実際の保険料は給与額に応じて決まりますから一概には言えないのですが、同じ給与をもらっていても割高になる傾向がありますから注意が必要です。



      働いている人から見ればこれはメリットの一つだと考えられます。



      社会保険の保険料は、本人と会社とで折半することになります。

      ですから、半分は会社が支払ってくれるわけです。



      会社とすれば、社員の社会保険の保険料の半分を支払わなければならないのですから、従業員が増えていくと、それに応じて負担が大きくなってくることを意味します。



      将来的なことを考えれば、社会保険に加入しておくメリットはありますが、事業の規模があまり大きくない状態であれば、保険料の納付が会社の経営を圧迫することもありますから会社設立をするときには注意しましょう。

  • 関連リンク

    • 会社設立をするメリットの一つが経営リスクを抑えられることです。個人事業主として経営を行っている場合、債務は全て個人で負わなければなりません。...

    • 会社設立をすると、社会保険への加入が義務付けられるという点に注意しなければなりません。基本的には健康保険と厚生年金保険の加入が義務付けられます。...