会社設立で相続税対策

  • 会社設立と取締役の任期

    • 取締役は永遠に取締役としての立場があるわけではなくて、人気が定められています。



      この人気は原則として2年です。

      会社設立をするときには取締役を選任しますが、2年経てば新たに専任しなおさなければならないというのが原則です。



      株主総会を開催して、新たな取締役を選任します。もちろんですが、取締役を変えることは必要なくて、同じ取締役を選任することも可能です。



      その場合でも手続きを行わなければなりません。



      小さい会社なら、取締役が変わることはあまりないでしょうから、手続きをしても変わらないケースも多くあります。


      原則として2年ですが、現実的には同じ人がずっと取締役をすることも珍しくはありません。

      このような実情に対応するために、株式公開をしていない会社なら、10年まで伸ばすことができます。


      取締役が変わった場合でも変わらない場合でも、任期が来れば登記をしなければなりません。



      そのためには費用もかかります。
      取締役が長期間にわたって変わることがないと考えるのであれば、10年間は変えないようにしておくのは良い方法です。



      こうすることによって登記費用を安くできるというメリットがあります。



      会社設立の時にはこのようなことも考えておいたほうが良いでしょう。



      会社設立の時に任期を長くすれば、それだけコストを削減できますが、デメリットもあります。
      例えば取締役が複数いて、意見が対立することもあります。このようなときであっても、任期が来るまでは取締役としてい続けることが可能ですから、意見の対立を解消できない場合があります。


  • 関連リンク