会社設立で相続税対策

  • 会社設立で相続税対策

    • 会社設立をすることによって相続対策を行いたいと考える人は多くいます。


      個人で所有している資産は、死亡した時に相続税の対象となります。



      会社設立をすれば、会社が保有している資産に対しては相続税がかかりませんから、これによて相続税対策ができると考えられます。



      ただし、死亡した人が所有している株式については相続税の対象となりますから、会社の全株式を所有しているのなら、この方法で対策を行うことはできません。



      具体的な方法としては、現金として子供に渡していくことが挙げられます。



      会社設立をすれば従業員を雇い入れることができます。


      従業員を雇い入れれば給料を支払うことができます。

      子供であっても従業員として雇ったのなら給料を支払うことは当然可能です。



      子どもとしては、給料は会社からもらうわけですから、贈与には当たりませんし、相続にも当たりません。



      働いた対価として現金を受け取ることができるのですから、相続税の対象とはならないのです。

      ですから、多くの資産を持っている人の場合、会社設立をすることによってその資産を会社のものとして利益を稼ぎだし、その利益を子供に移転していくという方法が取れます。

      これを続けていけば、資産を子供に渡していくことが可能です。



      このようにすることによって、徐々に資産を渡していけば、トータルで収める税金の金額を安くできるというメリットがあります。



      このあたりについては税務署も目を光らせていますから、専門家である税理士に相談するのが良いでしょう。

  • 関連リンク

    • 取締役は永遠に取締役としての立場があるわけではなくて、人気が定められています。この人気は原則として2年です。...

    • 会社設立をするメリットの一つが経営リスクを抑えられることです。個人事業主として経営を行っている場合、債務は全て個人で負わなければなりません。...